迷光亭冬雀日記

思いつくまま、気の向くまま。行く先もわからぬまま。

道徳の教科書なんかいらない!

正直に言って、あまり自分を善人だと思えたためしがない。いや、それならば悪人だと思っているのかというとそんなこともないのだが。

ただ、ことばにするならば、ある種の「道徳の過剰さ」とでも言うべきものにうんざりしている節はある。

もう少し具体的に言えば、道徳を人の生きる上での指針として掲げるのならばまだ良いが、ガチガチの規範にしてみたり、反道徳的とみなした他人をフルボッコにするための棍棒として使用したり、道徳性を追求し過ぎて人間性まで抑圧する、そのような道徳のあり方に辟易するのだ。

例えば「道徳の教科書」のような歌や物語が、ほんとうに人のこころをふるわせることがあるだろうか?僕は極めて疑わしいと思う。ならば、「道徳の教科書」のような生き方で、ほんとうに他者とこころを通わせることができるだろうか?こちらもやはり僕は極めて疑わしいと思う。

古典的な哲学は「真・善・美」を探求したのだろう。でも僕が惹かれるのは「実存」についての哲学だ。

特別、学問的な関心からそのような志向になったわけではなく、現に存在している僕が、早い話、生きづらさを感じているからだけのことなのだが。

僕は実存的な僕のありようを、ただあるがままに肯定したいと思う。自分がこのような自分であることに躊躇しないようになろうと思う。良い意味での自分本意に生きて行きたい。

そしてその先に、自分とは異なる、別の可能的人生を送っている「他者」と、部分的にだけでも良い、こころを通わせたい。

ならば、自分を尊ぶのと同時に他者も尊ぶのだ。ある人の生を尊重するのに特別な条件など必要ないのだ。

論旨がずいぶん遠回りした。「生」、あるいは「人間性」を抜きにして道徳を語るべきではないのだ。道徳は人間の「鋳型」ではなく、「衣服」であるべきだ。型にはめるものではなく、身にまとうものだ。主体はあくまでも人間なのであって道徳ではない。

このとき、「人間」とは善なのか悪なのか?誰が善悪の「裁きつかさ」になれる資格があるのか?少なくとも「道徳の教科書」は「法典」とはならないだろう。善にも悪にもなれるのが人間。いやむしろ善と悪が共存しているのが人間。「道徳の教科書」の出番は無い。しいて言えば、常識的なマナー本としての役割以外には。

真の道徳とは、人間の割り切れなさへの感覚を持ちながら、同時にちったぁマシな人と人との営みを優しく見守るまなざしのようなものであるべきで、実にそうあってほしい。

僕は善人でも悪人でもなく、「にんげん」として生きて行く。「道徳の教科書」ではなく、「やさしいまなざし」とともに。

 

(この文章をここまで読んでくれたみなさんを驚かせることになるが、この文章は『天気の子』と『ジョーカー』を観てモヤモヤ考えた末に書かれている。もはやふたつの映画との接点がどこにあるのかわからなくなってしまったが。でも、そのふたつの映画とあながち無関係と言いきれないようにも思える。以上、蛇足)

自分をはげますことば、思いつくだけ書き出してみた。

・人生の正解を求めることが人生の目的ではない。

・楽しいこと、嬉しいことを大切に。

・常に正しくなければいけないわけではない。

・失敗するのは避けきれない。次からどうすればいいかを考えよう。

・「死にたい」気持ちは仕方ないが、もっと具体的に自分の気持ちを説明しよう。

・周りに迷惑をかけるのはよくないが、自分を責めすぎるのもよくない。

・「うまく生きる」ことができないのは当たり前。これまでも「ヘタな生き方」で生きてきた。だから焦ることはない。

・どうあがいても、「この自分」と生きていくしかない。あわてて絶望しない。

・カッコつけなくていい。必要以上に自分を良く見せなくていい。

・ダメな自分を認めた上で、出来ることを積み重ねていこう。

・「今の自分」が全てではない。「これまでの自分」や「これからの自分」にも目を向けよう。

・「自分、自分…!」と思い詰めない。自然な「流れ」に身をまかせてもいい。

・長い目で見たら、「時間」はきっと味方だ。

・今、今、今!「いま」の気持ちや感じを、大切に…!

・「汝の欲することをなせ」

君が僕を変えてしまったいくつかのこと

君は僕のものの見方を変えてしまった

地下鉄は外の景色が見えないから好きじゃないと言う僕に

地下鉄の駅から出たときの街の風景の驚きを

君は教えてくれた

 

君は僕の世界の感じ方を変えてしまった

ただぼんやりと夕暮れの空を眺めているのが好きだった僕に

夕暮れの空が青からオレンジへそして漆黒へするするとうつろっていくことの不思議さを

君は気づかせてくれた

 

君は僕の舌と鼻を変えてしまった

コーヒーの刺激的な苦みとアロマを楽しんでいた僕を

紅茶の優しい渋みとフレーバー好みの人間に

君は作り変えてくれた

 

そして君は僕の夜のやり過ごしかたを変えてしまった

ベッドの上でひとり横たわり君のことを思いながら満ち足りた気分で眠りにつく僕を

キッチンでひとりウイスキーを飲みながらシナトラを立ったまま聴いている男に

君は成長させてくれた

 

My favorite 7 poems

''Daffodils'' ウィリアム・ワーズワース

''Soda Crackers'' レイモンド・カーヴァー

''Pippa’s Song''  ロバート・ブラウニング

''XXXⅡ''(from ''A Shropshire Lad'') A・E・ハウスマン

''Down By The Salley Gardens'' ウィリアム・バトラー・イェイツ

''The force that through the green fuse drives the  flower'' ディラン・トマス

'' Alone Again (Naturally)'' ギルバート・オサリバン

 

思いつく詩を、片っ端からから並べただけのような気もしますが…。

どれも私を構成する大事な詩たち。

愛の近似値

どれだけ思いをつのらせたところで、彼女に対して私が抱いているこの感情は、愛情と呼ぶのにはふさわしくないのだろう(少なくとも彼女は私の思いを「愛」とは信じてくれなかった)。

しかし、私の生きてきた年月の間に、自分自身よりも愛おしいと心から思えるような存在は彼女が唯一なのだ。この恥知らずにも「自分大好き人間」であることを自他ともに認める私が自分を捨ててでも、と思いつめるほど愛おしさが込み上げてくる、社会正義よりも世界平和よりも、なによりも彼女の幸福を願わずにはいられない唯一無二の存在、それが彼女なのだ。

だから、そこまで自分自身(のみ)の中で強まってしまった思いは、当然彼女にストレートにぶつけてしまったら「愛」というより「暴力」となる。…そんな最悪な真似をしてしまったのだ、私は。

ごく当たり前の結果として、「もう無理」とのLINEを送ってきて、彼女は去った。

あれから一年たとうとしているが、今も彼女のことを思わない日は1日とてない。

繰り返し自分に言い聞かせることは、『「愛」とは「思い」の強さに付けられる名前ではなく、ふたりのあいだの「関係」の深さを呼ぶ名前』だということ。もう彼女に会えないという、半身もぎ取られるような苦しみの中で得た教訓だ。「私の思い」は「愛」ではなく、その近似値だった。

にもかかわらず、彼女を未だに思い続けている私は、この「近似値」を心の杖として生きていくよりほかにないのだ。未練たらしいことこの上ないのだが自分でもどうにもならない。

人様から言われるまでもない、自分で言う。俺はバカだ。

ちょっとカッコつけて言うと“Lovefool”。

また今夜もなかなか寝付けないから、こんなことを書いちゃったよ…。

幸福の証明

彼女に会えない、耐えがたい苦痛!
この苦痛の強さこそが、彼女と過ごした時間のかけがえのない幸福、その不在から生じる苦痛であることによって、あの戻れない日々が真に私の幸福であったことの証明となる。
とすれば、苦痛がますます耐えがたいものとなればなるほど、あの幸福な日々こそ私にとって何にも変えがたい真に意味のある時間だったとの確証が深まるのだ!
今が苦しければ苦しいほど、過去の彼女と過ごした日々が尊さを増す。
苦痛よ、私の元に来たれ。